ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. プログラミング
  4. プログラミング第7回・8回ブルドーザーの製作

プログラミング第7回・8回ブルドーザーの製作

もののしくみ研究室第7回・8回では、加速度センサーを用いたコントローラーで動くブルドーザーを作りました。

車体をうまく左右上下に曲げるために、しきい値をどこにするか等をテストして、試行錯誤をしながら、最終的にはうまくコントローラーで制御できるブルドーザーが完成しました。

最初はテキスト通り組み立てるのですが、その後自分なりの改造をおこない、オリジナルの作品ができあがります。
コントローラーのデザイン1つとっても生徒一人ひとりの個性や特徴がよくあらわれます。

もののしくみ研究室では、自分の手を動かして考える力や創造力を養う※STEAM教育やデザイン思考を取り入れたカリキュラムになっています。
(※STEAM教育とは、以下の頭文字を繋げてできた造語です。Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学))

Appleの創業者故スティーブ・ジョブズもiPad2を発表した講演の中で以下のように述べています。

it’s technology married with liberal arts, married with the humanities, that yields us the results that make our heart sing.
技術はリベラルアーツや人間性と一緒になる事で我々の心を歌わせる製品やサービスに昇華される

これからはただ単に技術や知識を学ぶだけでなく、リベラルアーツ「問いを立てる力」を身につけて、答えがない問題に自ら考えて答えを見つけ出し、成果を出す人材に育ってほしいと思います。

 

プログラミング講座「もののしくみ研究室」は随時体験授業を実施していますので、
ご希望の場合はお電話(0120-041-195)又は問い合わせフォーム・LINEよりご連絡ください。

関連記事